スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月××日


3月××日
この世界には清算されず
放置された悲しみが多すぎました
僕は途方もないそれら数多の悲しみを
ひとつひとつ感じ取り
処分しなければなりませんでした

生きることは地獄でした
生きることは地獄でした

3月××日
彼らにとっての死とは最後の救済です
やがて死は
その無垢なまでの冷酷と
終えることのない不変によって
唯一、優劣も差別もなく
すべての人を受け入れてくれるのです
世界のどこにも
あるいは誰にも
受け入れられなかった
この僕でさえ、例外なく

3月××日
やはり常に
生まれてこなければよかったと思うのです
そしてそのことを拒み
忌み嫌い続けているのです
いつしか常に死の臭いを漂わせた僕は
濁る空を仰ぎ見ることも忘れて

3月××日
ええ、まるで生きた心地など
しなかったこの生涯の苦悩を
たったいくつかの愛がために
持ち得るすべてを捧げた
哀れな漂流の旅路を
僕はその尊い救いによってのみ
完結できると信じていました

3月××日
今日も憂いています
悲しいことが多すぎて
死にたくなることが多すぎて
まったく・・
命がいくつあっても
足りません





COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

Author:Ides
   
病の中で歪んだ季節を

刻むべき場所が僕には必要でした。

カテゴリー

count

BlogMura Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2ブログランキング

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。