スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やがてあのわずかな永遠でさえも
囚われた時の中に埋もれて
幾重かの季節において
何者でもなかった僕たちが
魂を開拓する日
その補正すべきあらゆるものの中で
補う必要のないひとつの
確かなものを見るだろう

まだ汚れていないかのような
新しい瞳が
いつか長い歳月をかけて
えぐられた時のことを
あれはまだ
今日の窓に広がった未知なる雲を追いかける
鳥のようでさえあった
小さな青空の季節を

静かに点るその代えがたい灯
あなたのえぐられた瞳から
改めて流れる涙は
ただ美しかった






COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

プロフィール

Ides

Author:Ides
   
病の中で歪んだ季節を

刻むべき場所が僕には必要でした。

カテゴリー

count

BlogMura Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2ブログランキング

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。