スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

色のない休日の午後


不毛な時の流れ。

心の殺し方をいつからか
人は覚えてゆくのだろうか?

色のない休日の午後は
指先に触れる冷たい風の
微かな感覚だけが
かろうじて感じられる。

思考が望む風景が
世界の隅から隅まで
どこにも見当たらない時
心は何を想っていればいいのだろう。

暗がりの夢が一つの夜に
どれだけの痛みを映そうと
朝の色彩はいつも変わらないように
世界は常にぶれない速度で
回っている。

居場所、生きているという事の違和感。

自分がこの世界に
存在している証明は
きっと他者の心に自分が居るかどうか
なのかもしれない。

他者の心に自分が居るか否か
もしも、誰かの心に自分が居るのなら
そんな奇跡のような事はないのかもしれない。

構築してきた自分という存在を
僕自身、今は知らない。

僕自身の心に自分は居るのだろうか。
僕自身の心に他者は居たのだろうか。

心の殺し方をいつからか
人は覚えてしまうのだろうか?

不毛な時の流れ。

心は
死んでない、死んでない、死んでない。

死んでいる、死んでいる、死んでいる。






スポンサーサイト

錯覚


実感のない時間軸の中
常に半開きな窓から見える
空虚な世界で
僕、もしくは僕と呼ばれるものは
何の言葉も、何の目的もなく
一体、何故そこに立っているのかさえも
知ることは出来ず
ただ広がる無意味な光景を
盲目に眺めていた。

それが夢であるのか
現実であるのか
存在が存在では無くなり
肉体も精神も
自分の所有するもので在ったのかすら
不確かな幻想に包まれて

未来も過去もない
約束された一夜の涙だけがここにある。

まるでこの世の全てが
錯覚で在ったかのように。






プロフィール

Author:Ides
   
病の中で歪んだ季節を

刻むべき場所が僕には必要でした。

カテゴリー

count

BlogMura Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2ブログランキング

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。