スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独奏曲


星になった誰かの涙が
輝くことはない夜空の中で
月の淡い光りだけが
悲しみを独奏している。

大好きだった音楽も
聴く気にはなれない夜に
そんな月の旋律が
あまりにも心地良い。

あらゆる興味も受け付けない
荒廃した感情の中で
月の輝く真夜中の静寂ほど
「音楽」に聞こえるものは
ないかもしれない。






スポンサーサイト

夜明けに訪れた世界


カーテンを開いて見えた
夜明けに訪れた世界は
休日の静けさと
少し冷えた空気の切なさで
穏やかに包み込む。

少し曇った空には
淡い光と沈んでいく夜が混ざり合い
この星の終わりとはじまりが
共存してるような静寂が流れている。

あまりにも綺麗なその世界は
慌ただしい現実の憂鬱を
忘れさせてくれるけど
永遠を信じることの出来ない僕は
それが刹那的なものだと知っていた。

だから、やがて消えていくその世界を
言葉にしたんだ。

悲しみに染まってしまう前に。







プロフィール

Author:Ides
   
病の中で歪んだ季節を

刻むべき場所が僕には必要でした。

カテゴリー

count

BlogMura Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2ブログランキング

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。