スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居場所


悲しく消えていく夜。
まだ誰も知ることのない朝の色を
月は見届けて沈むだろう。

冬の冷たい空気を吸い込んで
静かな真夜中の世界を眺める。

遠くのほうで輝くネオンの色彩だけが
この世界で生きている。

心は限りない絶望を
そんなネオンの淡い光に重ねている。

いずれ、空は明るくなる。
約束された巡りの中で
世界に朝が訪れる。

鳥や電車や自動車や
様々なものが動き出す。

けれど、心の居場所はその世界には
見つけられずにいる。

この夜だけが心の居場所になっている。

このネオンの光しかない夜だけが
居場所と呼べる唯一の場所になっている。

どれほどの悲しみも
どれほどの孤独も
響かずに虚しく消えていくだけの夜。

この世界で
夜以外の居場所をください。





スポンサーサイト

醜い言葉


満たされない夜の
月の光は痛いほど眩しい。

飛べるはずもない乾いた夜空は
どこまでも世界を包んでいる。

もう悲しみを語ることは疲れた、と
眠れない夜に朝を願う。

そんな想いが今の自分の全て。
それだけが心を強く痛めている。

消えていく昨日と
訪れる明日のあいだで

僕は何も残すことなく
何も成長することなく
悲しみを刻むだけ。

僕は何も残すことなく!
何も成長することなく!
悲しみを刻むだけ!

そんな想いが今の自分の全て。
それだけが心を強く痛めている。

嗚呼・・醜い言葉だ。




巡らせる言葉


ここは涙の置き場所ではない。
ここは痛みの置き場所でもない。

部屋の灯り代わりに光るテレビの砂嵐。
殺風景なそれはまるで
憂鬱な世界そのものだった。

反転した鏡の住人は言う。
「詩」はどこにある?

ここは不安の置き場所ではない。
ここは悲しみの置き場所でもない。

いるはずもない神様にお願いをする。
殺してください。殺してください。殺してください。

愚かな人間だよ。

「詩」が泣いている。
「詩」に何を置いていけばいいだろう。

ここは夢の置き場所ではない。
ここは愛の置き場所でもない。

反転した鏡の住人は言う。
逃避するだけの夜は終わりだよ。

空が汚れて鳥がいなくなった。
そんな不毛な光景が
世界の全てだったような気がして
気付けば言葉を巡らせている。

「詩」にすべき言葉など
わかるはずもないと知りながらも
ただ、言葉を巡らせている。





プロフィール

Ides

Author:Ides
   
病の中で歪んだ季節を

刻むべき場所が僕には必要でした。

カテゴリー

count

BlogMura Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2ブログランキング

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。