スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛について語れること


僕が愛について語れることは
限りなく少ない。

雨上がりの空に、必ずしも
虹が架かるわけではないように
愛は、時に歪んだ形で
僕に微笑みかける。

それは、ネジが外れて
止まったままの時計のように
美しいだけの風景を刻んではくれない。

厚い雲からもれる太陽の光すらも
眩しすぎて、触れることの出来ない指先で
不毛な世界をなぞっていた。

僕が愛について語れることは
限りなく少ない。

仰いだ2月の空の全てが
夕焼けに染まる時
消えたはずの愛ばかりを思い出す。

瞬きに消えてしまいそうな
その儚い風景が
かすんでしまわないように
僕は、涙をこらえている。

きっと、そんな悲しみが
愛の痛みと優しさを与えてくれる。

僕が愛について語れることは
限りなく少ない。





スポンサーサイト

月について


あらゆる表現者が
見上げているはずの月は
いつだって真夜中の主役であり続ける。

人は、月を共有することで
表現という、残酷なまでに孤独なものを
そうでないものに、変えているのかもしれない。

真っ暗なはずの夜に
本当の光を与えてくれる月。

僕は、いつの日も見上げていたよ。

渦巻くネオンに負けない、あなたの光りを。

渦巻くネオンに負けない、あなたの光りを。

いつだって月は、真夜中の主役であり続ける。

その切ない輝きに
身勝手に重ねてしまう悲しみを
今夜も許しておくれ。





プロフィール

Ides

Author:Ides
   
病の中で歪んだ季節を

刻むべき場所が僕には必要でした。

カテゴリー

count

BlogMura Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2ブログランキング

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。