スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤独について


夜、夜、夜
この世界を流れる時間軸は
常に夜だった。

いくら見つめても
飽きることのない月の光に
何度、悲しみを重ねただろう。

夜というものが
人の孤独を映すものならば
「生きること」は
けして満たされない孤独を
回避しようと、永遠と足掻き続ける
作業なのかもしれない。

この23年間、僕はそれだけのために
全てを費やしてきたのかもしれない。
それだけのために
全てのエネルギーと全ての思考を
費やしてきたのかもしれない。

ただ、孤独を回避するためだけに
一瞬、一瞬の全てを生きていたのかもしれない。

月の輝く夜の欠片で
そんなことを思っていた。

さあ、世界よ。




スポンサーサイト

不毛な日々


もうこれ以上
繰り返すわけにはいかないんだ・・。

単調な罪の鼓動を嘆きながら
繰り返される不毛な日々に
うつべきピリオドを探していた。






愛について


愛は心の内側に在るものですか?

それとも、外側に在るものですか?

他者と交わる所ですか?

それは、今までつちかってきた
膨大な情報の中で
共有し合える部分ですか?

愛の在る場所はどこですか?

考えや人種を越えた場所にありますか?

誰かを想えることは、愛ですか?

それとも、与えられるものが愛ですか?

愛を言語化することは、可能ですか?

愛の本質に触れることなど、可能ですか?

愛の在る場所はどこですか?

心の内側に在るものですか?

外側に在るものですか?

僕の心の中に
それは存在するものですか?





「     」


言葉に出来ない「さよなら」の数を
数えていた。

温かくなった夜風は
忘れていた季節を連れてくる。

痛みの中に在った歳月を
笑顔で傍観できる日が来ればよかったのに
今にも泣いてしまいそうな夜が
世界を包んでいる。

通り過ぎていった誰かの優しさを
遠い昨日に見つけても
今さら「ありがとう」は伝えられない。

言葉に出来ない「さよなら」の数を
数えていた。

違う未来を探しても
約束されたような明日は
すぐそこで待っている。

いろいろな選択肢の中で
正しい答えを見つけられるほど
僕は利口になれないでいる。

今夜は、悲しい夜。

言葉に出来ない「さよなら」
伝えられない「ありがとう」

通り過ぎていった誰かへ
「     」。





プロフィール

Ides

Author:Ides
   
病の中で歪んだ季節を

刻むべき場所が僕には必要でした。

カテゴリー

count

BlogMura Ranking

ブログランキング・にほんブログ村へ

FC2ブログランキング

ブロとも一覧

ブロとも申請フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。